FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

永久我慢の狂想曲 CASE:浅川静菜11 


 いまは3時間目の授業だろうか。もう、ほとんど何も聞こえていない。
 膨らんだ尿意が静菜の体の全部を占領して、頭の中まで膨らみきってしまったかのようで、まともな思考能力は追い出されてしまっている。耳元でちゃぷちゃぷと揺れる水音の幻聴すら響く。
 懸命の努力のせいか休み時間よりはいくらか落ち着いていたが、もはや安定期とはいいがたい。もはや静菜の排泄は限界のカウントダウンの最中にあり、いつまた、あの大津波がやってくるのかはわからなかった。
(と、トイレ、オシッコ、オシッコしたい、オシッコ出したいっ……)
 あんなに緩めたベルトは、いまはきつく静菜のおなかに食い込んでいる。それはつまりお腹の内側に膨らみきった膀胱が、少女の身体におさまりきらずに外側にせり出してきていることを意味している。
 膨らみきった体内の水風船に胃が持ち上げられる気持ち悪さも感じられる一方で、張り詰めた尿意のむず痒さは股間のすぐ上にくすぶり続けている。『おトイレ』が意味をなくし、身体の中に尿意を『飲み込む』ことができなくなって、その証拠がどんどんと身体の外へあふれ出しているのだった。
(オシッコ……オシッコ、オシッコ、っ……したいよぉ、オシッコ出したい、オシッコしたいぃっ……)
 下腹部を中心に広がる重苦しい感覚は、腰裏まで響くほどに辛い。そっと触れてみると、比喩を抜きにしてまるでタイヤのような感触。鍛えられた腹筋に力を込めてもここまで硬くなることはないかもしれない。
 そっと撫でながら確かめてみれば、みぞおち近くまで尿意が膀胱に連動している。こんなになるまで我慢をしてしまう自分の身体に、あらためて自分の異常度合いを自覚してしまい、静菜は言いようのない苦悶に奥歯を噛む。
 いまも一見程度では分からないだろうが、じっと観察すれば我慢し続けのオシッコでみっともなくお腹を膨らませているのに気付かれてしまうだろう。そもそも、オシッコを我慢したくらいでここまではっきりと身体に異状が見えることそのものがあり得ないのだ。
(トイレ行きたいっ、と、トイレしたいっ……も、もうおなか、空っぽにしたいよぉ……っ)
 ぱんぱんの下腹部をさすりながら、静菜は思う。
 この時静菜が思い浮かべていたのは、昨夜の公園での出来事。何年ぶりかにチャレンジした公衆トイレの個室のことだった。覚悟を決めたものの結局、自分は家の外ではオシッコを済ませられないことを改めて自覚させられた、新しくも苦い記憶だが――それでもなお、静菜はそのトイレを求めざるを得ない。
 そう、ここでいう“トイレ”とは『おトイレ』ではなく、本当のトイレ。今は世界中のどこにもない、つまりは静菜がオシッコを済ませられる場所のことだった。
 ふだん静菜が学校で考えたり、行きたいなと思うトイレとは、まず間違いなく当たり前のように『おトイレ』のことを指す。場所としては同じものを指すわけだが、静菜にとって他の生徒が使う女子トイレは、我慢に疲れた括約筋をほぐし、おなかをマッサージして更なる我慢を可能にするための一時休憩の『おトイレ』でしかない。
 けれど。
(トイレ……トイレしたいっ……も、もう『おトイレ』じゃだめ……ホントに、限界っ……)
 この時静菜は確かに、学校のトイレを、家と同じ本当のトイレとして欲していた。
 家のトイレ以外でオシッコのできない静菜にとって、クラスメイトが言う他の“トイレ”はすべて、ニセモノと同じ意味。『おトイレ』のための場所にしかなりえない。
 静菜にとって学校で“オシッコをする”ということは、たとえば裸になってところ構わず走り回るような、そもそも“そうしたい”と考えることからしてありえないことなのだった。
(な、なんで、私、ちゃんとお外の“トイレ”使えないんだろ……っ。ほ、他の子はみんな、ちゃんとオシッコできるのに……わたしだけ……っ)
 静菜の『おトイレ』はもう限界を迎えて久しい。
 朝から時間さえあれば皆の視線を逃れて必死に『おトイレ』を繰り返してきた。
 前にも述べたとおり、そもそもがこのオシッコをより我慢できるようにする『おトイレ』自体も、静菜にとって普通の女の子がトイレで排尿をするのと同じ意味だ。すくなくとも静菜は、学校に通うようになってから今日まで、そういう意識でいる。
 だから、そもそも『おトイレ』は、ちゃんと女子トイレの個室に入ってするべきものだ。教室であそこを抑え、身をよじり、声を潜ませて『おトイレ』をするのは、静菜にしてみれば教室の中で放尿しているのと似たようなものである。
 だとすれば、今日、静菜はこの教室で何回、いや何十回オモラシをしたことになるだろう。
 十年近くも守ってきた決まりを破りつづけ、静菜の羞恥心は極限に達しつつある。前押さえなんて普通の女の子でも見られたらたまったものではないが、静菜にはそれで受けるショックの桁が違うのだ。
(うぅっ、ま、また!? また来ちゃうっ!! また、オシッコしたいのが来ちゃうっ……!! だ、……ダメぇ、がまんっ、がまんしなきゃ……っ!!)
 暴れ続ける膀胱を必死に撫でさすり、なだめはするものの、その効き目はほとんどない。不要な水分を身体の外にはじき出そうとする生理現象のまま、ひきつるほどに鋭い尿意が脚の内側に滑り降りてゆく。
 わずかな身じろぎで椅子の上で脚をすり寄せ、んんっ、と小さな吐息がをこぼす。『おトイレ』の始まるギリギリの、反則スレスレの我慢。
 だがそれも空しく、スカートの下できゅっとくっついた脚の付け根に、堪えようもないほどのむず痒い感覚が蓄積されてゆく。湿った砂のように感じる下腹部の中身が、驚くほどスムースに脚の内側に集まる。
(っ、み、みんないるのに、ここ、教室なのにっ……!! こ、こんなトコロで『おトイレ』なんか、ぜったいに、しちゃいけないのにっ……!!)
 それは、静菜にとって教室の真ん中で、スカートをたくし上げぱんつを足元までおろして深くしゃがみ込み、湯気の立つ暖かな液体を床上にじょぼじょぼと注ぎ撒き散らすのと同じこと。
 だから。せめて休憩時間のように、教室で『おトイレ』し続けるのだけは避けたかった。必死に自分に言い聞かせながら、静菜は表情を強張らせ、挫けそうになる心を励まし続ける。
 だが――
「っん……っ!!」
 それも限界があった。今にも熱い潮を吹き上げそうになった股間を、静菜の手のひらがぎゅうっと圧迫する。教師や周囲の目を気にする暇もない。スカートに手を突っ込んで直接下着を押さえ、オシッコの出口にフタをする。そうした直接的な方法でなければ、もう迸るオシッコを塞き止められなかった。
「んぅ、んっ、、んぅっ……ゅっ」
 またも小さなうめきが断続的に始まる。顔から吹き出した湯気が、かあっと少女の頬を曇らせ、俯いた静菜の目元に涙が滲む。
 さっきの休憩時間から、静菜の心の中で“何か”の箍が外れてしまっていた。攻勢をかけてきた尿意に耐え切れず、これまでどうにか保たれてきた均衡は崩れ去る。
「ゅ、んっ、んぅ、~~……っッ!!」
 今度は休み時間ですらない。クラスメイトが真剣に授業を受けている授業中だというのに、静菜の理性はまたも徐々に尿意に侵略されつつあった。静寂の中、響く静菜の声に、何人かの生徒が首を傾げる。
 オシッコの大攻勢に負けて始まった『おトイレ』は、両手で必死におなかを押さえ、背中を丸め息を殺して呻く静菜を、いつしか教室内から際立たせていた。





「――さん。――わさん」
「んく、ゅっ、んぅ……っ!!」
 あと少し。あとちょっと。『おトイレ』のクライマックスとばかり、ようやく弱まってきた猛烈な水圧をなんとか下腹部の奥に押し込もうと、静菜が股間に重ね当てた両手に懸命に力を入れて下着をねじりあげていた――まさにその時。
「浅川さんっ!! 聞いてるの!?」
 俯いて机に身体を押し付けていた静菜を、するどい声が叱りつける。
(え……)
 気付けば、周囲のクラスメイトの視線は輪を描くように、静菜に注がれて。腰に手を当てた教師が、教科書片手に呆れたように机のすぐ前で、静菜を見下ろしていた。
「もう……さっきから何をしているの、あなたは?」
「え、あ……」
 ようやく、静菜は自分が、授業中の教室の真ん中で、あろうことか一心不乱に『おトイレ』に夢中になっていたことに気付く。そして、その全て、一部始終を、クラスじゅうに見られてしまっていたことを。
「あ、あ……ッ」
(わ、私……な。なに、して……ッ!?)
 静菜とクラスメイトたちの『おトイレ』の意味の違いを抜きにしても、静菜がスカートの中に手を突っ込んで、押し殺した声を上げていたことには違いがない。
 みるみるうちに少女の顔が朱に染まり、呆気に取られていた少女の表情に猛烈な火が灯る。怪訝そうなクラスメイトの視線が、ますます静菜を孤立させ、繊細な思春期の少女の心をえぐってゆく。
「――あ、あのっ、ち、違うんです、その、っ」
 歯の根が合わないほどに顎が震え、ぞぉっとした冷たさが背筋を這い上がる。
「違うじゃないわ。……もう、授業中でしょう」
「え、あ、あの、だからっ」
 はあ、と教師は大きく息を吐いて、教科書で廊下を示す。
「そんなになるまで我慢してないで、ちゃんとお手洗いに行ってきなさい。もう……幼稚園じゃないんだから」
 教師の声に、周囲からちいさく笑い声が上がる。
 静菜は口を『え』の形にしたまま、ぽかんと教師を見上げた。
「早く行ってらっしゃい。今度からは、休憩時間中に済ましておきなさい。いいわね?」
 溜息とともに、念を押す教師――
 それで、この件はおしまい、ということらしかった。
「え……っと……」
 まったく、ぜんぜん、これっぽっちもわけも分からずにいるままに。
 静菜はそのまま、見えない腕につかまれたようにして教室の外に引きずり出されてしまう。もう立ち上がれないくらいの我慢の最中だったはずだが、それも良くわからない。教師が手を貸したのかもしれないし、クラスメイトが手伝ってくれたのかもしれないし、羞恥に逃げるようにして静菜自身が逃げ出したのかもしれなかった。
 いずれにせよ。
(……あ……)
 教室から放り出された静菜を、授業中の、静まりかえった無人の廊下が出迎えた。どこか薄ら寒いその通路で、静菜はまた――ぶるるっ、と身体を震わせる。

 ――早く済ませてきなさい。

 ふらふらと歩き出した静菜の脳裏に蘇る、教師の言葉。
 けれど。
 けれど、だけれど。
 たとえ、こうして教室から外に出ることができても。そのまま女子トイレに行ったとしても。
 そこは、静菜がオシッコを済ませられる場所ではないのだ。
 綺麗な、女の子が秘密の行為をするための、特別な個室を前にしても。静菜はなにもできない。いや、何をすればいいというのだろうか。
「嫌ぁ……っ」
 またもぶり返した尿意に、必死に脚をくねらせて、
 静菜の喉が悲痛な声を絞り出した。
[ 2009/06/13 23:27 ] 永久我慢 | トラックバック(-) | コメント(-)

車の後部座席の話。 


 どこまでも続く終わらない渋滞の中、車内にはけだるい空気が満ちていた。3回目のリピートを繰り返すCDアルバムの歌声は、初めの頃に比べてかなり色あせて聞えてしまう。
 連休最終日の帰郷ラッシュによって、高架の上の3車線を何十キロ先までも続くテールランプの大行列で埋め尽くしている。
 もはや高速道路とは名ばかりになった上り車線の上、ハンドルを握る父親が諦めたように溜息をつく。
「動かないわねー……」
 惰性と共にCDを止め、ラジオをつける母親。無機質なニュース番組が今日の出来事を読み上げてゆく。
 デジタル時計はとっくに8時を過ぎたことを知らせていた。これからどれほど順調に渋滞が進んだとしても、家に帰りつくまでには繭がいつも眠る時間をとっくに超えているだろう。
「繭、もう眠い?」
「う、ううんっ」
「そう? ……眠かったら無理しなくていいわよ。おうちに着いたら起こしてあげるから」
「う、うん……」
 後部座席の娘を案じ、シートから顔を覗かせる母親に、繭は身体を強張らせたまま、曖昧に頷いた。
 たっぷりはしゃいで遊びつかれた少女の身体は確かに休養を欲していて、油断をしているとふいに瞼が落っこちてきそうになる。けれど、繭はそんな頭を一生懸命左右に振って眠気を追い払い、息を殺しながらぐっと座席に腰を押し付けていた。
「……んっ……」
 腰奥にじんじんと響くむず痒さはいや増し、少女の身体を休むことなく侵食してゆく。そおっと伸ばした手のひらの下で、下腹部は硬く膨らみ、閉じた脚の間には一瞬も気の抜けない緊張感が張り詰めている。
(でちゃう……っ、トイレ、はやくおトイレ……っ)
 自分の下半身が執拗に要求する『おトイレ』の誘惑を必死になって振り切りながら、繭は一人孤独に、生理現象との戦いを続けていた。
 助手席の母親と運転席の父親に気付かれないように、すこしずつ身体をくねらせて、脚の付け根を後部座席の中央、軽く盛り上がった部分に押し付ける。できるかぎり音を立てないようにと慎重になればなるほど、些細な衣擦れの音が余計に響くような気がした。
(おトイレ、したいよぉ……っ)
 小さな胸を羞恥と煩悶でいっぱいにしながら、それでも繭はそのことを口に出すことはしない。お気に入りのペンギンのぬいぐるみをきつく抱き締めて、少しでも気分を紛らわせながら、シートの上で小さく腰をよじる。
 繭が必死に我慢を続けているのには理由がある。
 わがままを言って両親を困らせたくないというのがそのひとつだが、なにもそれだけではない。
 去年のことになるだろうか。
 両親の用事で親戚のおじさん夫妻に預けられ、遊園地に遊びに行った帰りのことだ。その時も今日のように車が渋滞に捕まってしまって、遊園地を出るときにトイレを済ませていなかった繭は、車の中でどうしてもおしっこがしたくなってしまったのだった。
 とうとう我慢できなくなった繭は顔を真っ赤にしながら、トイレに行きたいと切り出した。けれど、繭を待っていたのは無常にも、道路の隅っこで済ますようにという無慈悲な言葉だった。
 無論ながら、繭はそれを拒否した。しかしそんな少女の繊細な羞恥心や芽生えかけた乙女心など、まるでただの感傷とばかりに子ども扱いされた繭は、渋滞でずらりと並んだ車の間を引きずられ、道端の側溝におしっこを済ますことを強制されてしまったのである。
 激しく音を立て、乾いた道路に飛沫を散らして大きく拡がる自分のおしっこを、何十人という人に目撃されたことは、繭の心に大きな傷をつくっていた。
 あんな目に合うくらいなら死ぬ方がよっぽどましだと、掛け値なしに繭はそう思っていたのだ。
(ふぁ……っ)
 ぞわり、とおしりを撫で上げ腰を伝い、背中を這い登る感覚に、繭はぎゅっと目を閉じる。ぬいぐるみはますます少女の手にきつく抱きつかれ、繭と共に苦しげに震える。
 いま、ここの近くにトイレなどないことは繭も十分に分かっている。だからこそここでそんな事を口にしても両親を困らせるだけだったし、まして近くの道端で済ますなんて、それこそできることではない。
(……おねがい……でちゃだめ……っ)
 もはや祈ることしかできない無力な少女は、くねくねと腰を座席シートに押し付ける。
 こんな状態で眠れるわけがない。もし仮に眠れたとしても、その時は間違いなく夢の中でトイレに掛けこんで、遠慮なく思い切りおしっこを出してしまうことだろう。目が覚めた頃にはオネショで後部座席が水浸しの大洪水になるのは目に見えているのだ。

『――情報をお伝えします。現在○○高速、上り方面、××インターチェンジ付近より40kmの渋滞――』

 ニュースの交通情報に、父親がやれやれと頭をかく。
「どうする、次で少し休憩するか?」
「……その方がいいかしら。でも、もっと遅くなっちゃうんじゃない? あなた、明日も早いんでしょ?」
「そうなんだよなぁ……もう少し早く出ればよかったか……」
 次のサービスエリアまで『あと5km』の表示の案内板が、助手席からも見上げるような位置にある。この案内板が見えてから、車が通り過ぎるまでに二十分もかかっているのだ。
 焦っても仕方ないが、この先にどれだけ時間がかかるのかを思うとうんざりするのはどうしようもない。
 そんな両親の会話をはっきりと理解しきっていたわけではないが、少なくともあまりよくない状況だというのは繭も分かっていた。言葉にせずとも分かる焦りが、ちりちりと繭の背中を焦がす。
(……はやく、おトイレっ……)
 きゅん、とスカートの奥、ふわふわの布地に包まれた部分の一番奥が疼く。おなかのおくに閉じ込められた熱い液体が、じわじわとあふれ出してくる予兆に、繭は背筋を緊張させた。
「ぁ、っ……」
 小さく声を上げてしまい、繭は慌てて口を閉じなおした。ぬいぐるみから片方の手を離し、ぎゅっと閉じ合わせた足の間に押し込む。
 おしりの下に何かを押さえつけるように、繭は座席を軋ませ、息を詰めてもじもじと腰を揺すった。
 挟んだ手のひらを、下着の上から股間に擦りつけるたび、じんっ、と響くむず痒い感触と共に、ほんのわずか尿意が和らぐ。

 ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅぅっ。

 少し動いては休み、休んでは動き、少しずつ大胆に、繭は腰を前後左右に座席シートにねじつけては身体を小さく跳ねさせた。抱き寄せたぬいぐるみもぴったりと少女の下腹部にくっついて擦れ、布地越しに切ない尿意に震える股間を慰める。

 じゅ、じゅぅっ……

 熱い水音が、下着の奥で響く。じんわりと拡がる暖かな湿り気が、少女の脚の間の布地をたっぷりと濡らしてゆく。漏れ出したおしっこは、腰をびりびりと痺れさせるほどに鋭い、刺激的な解放感をもたらす。
「……だめ……っ!!」
(おしっこ、がまんっ、おしっこがまんっ……)
 小声で呟き、がまんの文字を呪文のように何度も繰り返す。
 必死になってダムの決壊を塞き止めようとする頭とは裏腹に、下半身は勝手に動き、繭の言うことを聞いてくれない。またもほんの少し、おチビりが発生してしまう。
 じゅわぁ、と吹き出した滴は、今度は股布に吸収しきれず、おしりのほうへと溢れてしまった。
(ま、また……だめなのにっ……がまんしなきゃっ……)
 脚をきつく交差させ、おしりをもじつかせ、繭は何度も何度もおチビりを押さえ込もうとする。
 効果的におしっこの出口を押さえるには、ただぐっと体重をかけるだけではなくて、リズムを刻むようにその上で体重を乗せる必要があった。ぎゅ、ぎゅっと座席シートのでっぱりに脚の付け根を擦りつけているうち、徐々に繭の様子に変化が訪れる。
(あ、ぁっ、あっぁっ)
 じわあ、と漏れたオシッコが、下着の上に染み出してゆく。
 力の抜けた手はもう意思を持って股間を押さえることができなくなり、力なく垂れ下がる。同時に、抱き締めていたぬいぐるみも脚の付け根まで降りて、その丸っこい脚が湿ったスカートのうえからあそこに擦り付けられてゆく。
 もどかしい刺激と、びりびりと痺れるような甘い電流が腰を浸し、いつしか繭を支配していた。頭の芯がぼうっとした熱に侵され、小さな唇がこくんと口の中のつばを飲み込む。
「ぁ、……ぅ、ぁう、っ」
 もどかしさにたまらず、繭はぬいぐるみを脚の上に押し付ける。ぎゅうっと引き寄せられたペンギンは、少女の小さく膨らんだ下腹部にぎゅうっと押し当てられ、たっぷりと湿った下着の上から布地を擦り合わせる。
(っ、だ、だめ……こ、こんなことしたら、でちゃう……っ)
 腰を痺れさせるイケナイ刺激に、かろうじて残った繭の理性は行為の中断を要求するが、身体はもはやそれを止められない。ぐっとあそこをおさえると確かに一旦は尿意が遠のくが、そのあとに勝手に脚の付け根が緩み、熱い奔流が吹き出しそうになるのだ。こんなことを続けていたら本当にオモラシをしてしまうと、繭の頭のどこかに残った理性はそんな警鐘を鳴らしていた。
(だ、だめぇ……っ、おしっこでちゃうっ……!!)
 けれどもう止まらない。おしっこを我慢するため――そんな言い訳をつかって、繭は座席の上に押し付けたぬいぐるみの上、ちょうどペンギンのおなかの上あたりに脚の付け根を押し付けるようにして、大きく跨った。
 それはちょうど、ずっと小さき時に使っていたおまるのように。そんな事を思い出して繭は真っ赤になってしまう。
 しかしもう抑えきれない。
(ごめんね……ペンギー…っ)
 大切なぬいぐるみに何度も謝りながら、ついに繭はまたがったぬいぐるみの上に、股間をきつく押し当てる。
 擦れる布地の感覚がぴりぴりと脚の付け根の奥深くまで浸透し、少女の未発達の感覚を激しくえぐる。
 同時に繭はぎゅっと締め付けていた股間の力を抜いた。布地の奥ではちきれそうに膨らんでいたおしっこの孔がぷくりと緩んで、下着の奥に激しい水流を撒き散らす。たちまちに水浸しになった下着から溢れ出した熱い奔流は、ぎゅうっとくっついたぬいぐるみに受けとめられてゆく。
「ぁ……はぅぅ……っ」
 真っ赤になった耳たぶが小さく震え、繭はぎゅっと目を閉じたまま背中を突き上げる熱い衝撃に耐えていた。脚の付け根で花火がはじけて、ぱちぱちと頭を焦がしているようだ。

 じょわじょわじゅうう、じゅるじゅじゅじゅぅうううう……
 
 まるで焼けた鉄に水をかけたときのような激しい放水音は、けれど繭だけに聞えているらしかった。両親は渋滞にぼんやりと視線を向けたまま、繭がたったいま、ぬいぐるみにまたがってオモラシをしていることにも気付かない。
 繭に組み敷かれたペンギンのぬいぐるみは、まるで本来そんな用途があるかのように、少女の股間が吹き上げる熱い水流を受け止め、たっぷりと染み込ませてゆく。
「んん、っ、…っ、ふぅぅ……っ」
 おなかを張り詰めさせていたものが抜けてゆくにつれ、繭の全身がほぐれ、弛緩してゆく。緊張が薄れる下半身からは、ますます本当の勢いで我慢し続けていたおしっこが迸り、ぬいぐるみに染み込まされていくのだった。
 そうして、たっぷり一分近くをかけてありったけのおしっこを絞りだした時、ペンギンのぬいぐるみの下半身はすっかり色を変えていた。
 ぼんやりと熱に霞む頭でしばらく呆然となっていた繭だが、やがて我に返って、こっそりと座席シートの上から降りた。
「どうしたの、繭?」
「あ、うん、あ、暑いかなって……」
 さりげなく窓を開けながら、篭った匂いを逃がし、繭はあわてて振り向いた母親に取り繕う。
(……ごめんね、ペンギー……)
 言葉にはせず、心の中でそういうと、ずっしりと重くなるまで自分のおしっこを受けとめてくれた大切な友達をぎゅっと抱き締め、繭は今度こそ深い眠りに落ちた。



 (書き下ろし)
[ 2009/06/13 23:24 ] 小説 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。