FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中間テストの一コマ 

 お茶を濁す(色々な意味で)。




(はやくっ、お、お手洗い、いきたいっ…!!)
 もじもじっ、くねくねっ
 テーブルを握り締め、椅子の上で激しく足を擦り合わせる六花。ぱんつに恥ずかしい色の染みが徐々に広がり始めている。言うことを聞かない乙女の水門を押さえ込むため、力む上履きの爪先がきつく床を擦り、きしきしとみっともない音を響かせていた。
 真新しい制服のスカートは、プリーツを台無しにするほどの皺が寄り、繰り返される前押さえによって足の付け根に押し込まれている。
 硬く張りつめた下腹部は我慢し続けた尿意でぱんぱんに張り詰めて、今にも破裂してしまいそうにびくびくと震えている。
 あと数分も放っておけば、六花はこのまま教室のまん中で、椅子に座ったままおトイレを始めてしまいそうな様子だった。
(は、はやくっ、はやくうっ……はやくうぅうっ!!)
 六花は押し寄せる尿意に歯を食いしばって耐えながら、黒板の上にある時計の文字盤を睨む。一分一秒でも早くこの地獄のような時間が終わってくれますようにと心から祈るが――無情にも分針はテスト終了までの残り時間をゆっくりと刻み続けるばかりだった。
 黒板に記されたテストの試験時間は、何度確認しても10時50分。まだ20分以上残っている。途中退室が認められていない以上、六花は教室から出られないのだ。
 中学校にあがって初めての中間テスト――前の学校のテストとは全然違うプレッシャーの中、六花の神経はますます追い詰められてゆく。
 答案はまだ半分も埋まっておらず、しかも計算問題のほとんどが意味不明でとんちんかんな解答を弾きだしていた。このままでは赤点回避も難しそうだが――いまの六花はそんな事は些細な問題だった。
(お願いっ、はやく、はやく終わってよぉおっ!! で、でちゃう、オシッコ――オシッコでちゃうぅうう!!)
 一刻も早く、トイレに行きたい。オシッコしたい。ただそれだけだ。
 中学生にもなってオモラシなんて、女の子には絶対に許されないことだ。
 ましてすぐ隣にはサッカー部の沢田くんがいるのだ。もしそんな姿を見られたら、明日から生きていられない。
 数学の問題用紙を見て難しい顔をして考え込んでいる憧れのクラスメイトに気付かれないように、六花はきつく膝を交差させ、腰をなるたけ静かに揺すり続ける。
 どうしても荒くなる息を押さえ込み、教卓に座る監督の先生を見た。
 分厚い胸板に広い肩幅。陸上部の顧問もしているという男性教諭――2年生の担任の先生だった。不正がないようにじっと教室内を見回す鋭い視線は、じっと真正面から向き合うのも怖いくらい。
 同じ部屋に居るだけで、内気な六花はただでさえ気後れしてしまって何も言えなくなる。
 先生と視線が合いそうになり、六花は慌てて顔を伏せた。
(っ、お手洗い……っ、だ、ダメぇ…!! がまん、我慢んんっ……)
 同時に押し寄せた強烈な尿意に、少女は身を強張らせた。
 じんじんと熱く疼く股間が、またじわりじわりと恥ずかしい雫を滲ませ、ぱんつに噴き出した湿り気がどんどんと大きくなってゆく。内腿に広がる濡れた感触を誤魔化そうと、六花は激しく腿を擦り合わせた。
 言えない。言えるわけがない。
 入学式から1カ月半。ようやく名前と顔が一致するようになったクラス全員の前で。誰もお喋りもしていない、緊張の中で、手を上げて――先生、おしっこがしたいです、おトイレに行かせてくださいだなんて。
(言えるわけ、ないよぉ……っ!!)
 思春期の少女らしい潔癖な理性が、繊細な羞恥心が、少女の前に大きく立ち塞がる。
 時計の針は絶望的なまでに遅い。脈打つように下腹部が疼き、下半身全体が言うことを聞かず、小刻みに震えだしていた。
 トイレを我慢しすぎた下腹部はじんと鈍い痛みすら走り、目はちかちかとして、頭の芯がぼうっと熱い。感覚の麻痺しかけた足の付け根から、またしゅるしゅると恥ずかしい水音が漏れてゆく。
(っあ、だめ、ぇ、ぇえっ……)
 椅子の天板にちいさな水たまりが広がり、さらにそこから雫が溢れ落ちて、ぽたぽたと床に垂れてゆく。いよいよ始まった、本格的な崩壊までのカウントダウン。
 ヒビだらけの乙女のダムが、貯水量の限界を超えて決壊をはじめようとしていた。
 残り時間18分。
 人生最大の危機、答えの出ない試験問題は――なお続く。



 (初出:書き下ろし)
[ 2012/04/15 00:31 ] 小ネタ | トラックバック(-) | コメント(-)

河川敷の運動会・8 


 河川敷のグラウンドにもたらされた絶対的な女子トイレの不足――それによる、強制的なオシッコ我慢。時間の経過とともにその傾向はますます加速し、もはやグラウンドにいる少女達の大半が、尿意を覚え始めている異常事態となっていたのだ。
 分別のある大人の女性や、簡単にトイレを済ませられる男性はともかくも。
 もっとも繊細な年頃である思春期の少女達にとって、トイレの不足は一大問題である。恥ずかしい熱湯で下腹部をぱんぱんに膨らませながらも、羞恥心をかなぐり捨てて、周囲からも丸見えの茂みにしゃがみ込むには心理的なハードルが高すぎた。
 結果として、運動会に参加している世代の中で、小学校から高校までの少女達は、ほぼ例外なくトイレ我慢を強いられることになっていたのである。
 それでも、すでに出番を終えた選手や、観客席の生徒達はまだ良い方だ。
 少ないとはいえまだ残っているトイレに並んで、辛抱強く自分の番を待つこともできたし、諦めて会場を後にし、遠くのトイレに行くこともできた。
 しかし、残るプログラムに選手として参加しなければならない少女達はそうはいかない。強い尿意に耐えるため身体をくねらせ、小さく飛び上がり、足踏みを繰り返すみっともない姿を、入場待ちの列にいる間から競技のおしまいまで、観客や他の選手たちに晒さなければならないのだ。
 しかも。手を離したら、たちまち開いてしまいそうな水門を乙女の下腹部に抱えながら、グラウンドの中央ではおおっぴらに脚の付け根を押さえこむこともできない。
 必死に身をよじらせ、腰をくねらせる――精一杯さりげなさを装っての、いじましい我慢のしぐさ。それでも突き刺さる好奇の視線に、少女達の表情は羞恥に染まり、目には薄く涙すら浮かぶ。
 競技のプログラムがひとつ、またひとつと進行するに従い、その傾向はより顕著になり、入場門をくぐる少女達の姿はますます悲痛なものへと変わっていった。

 同じようにトイレを我慢している同年代の少女達は、まだそれを察することができたため、出来るだけそのことに触れないように、あるいは気の毒そうに、グラウンドにいる選手たちから視線をそらしていた。――実際、苦しげに身をよじって我慢を続ける代表チームの選手たちの姿はじっと見ているだけでも辛く、ふと気を緩めればつられて強い尿意を催してしまうことにもなりかねないため、観客の少女達にとっても文字通りの目の毒であった。
 しかし、同じ選手でも男子生徒や、一部の観客はそうはいかない。
 晴れの舞台となるグラウンドの真ん中で、もじもじと脚を擦り合わせ、辛そうに体操服の上からはずかしいところを押さえ込む仕草は、十分すぎるほどに扇情的で、たとえ「そんな趣味」を持っていなくとも気になって仕方がない姿である。
 中にはジャージの股間をしっかりと膨らませている少年達もおり、彼等の何人かはこっそりと前屈みになり、オシッコとは別の液体を出すために男子トイレへと駆け込んでいくほどだ。その意図を察してしまった少女達は、憤りと共にますます羞恥を覚え、最終的緊急避難のために男子トイレに駆け込む事といった、最後の手段すら失ってしまう悪循環を生みだしていた。


 チーム対抗・綱引きの準決勝第1試合でも、これらの自体を象徴する出来事が起きていた。
 すでに2時を回った会場、そこかしこに言い知れぬざわめきが満ちる中、紺色のハチマキのグループBと、桃色のハチマキのグループFの代表チームが、アナウンスに促されて入場門をくぐる。
 入場行進の時点で既に、選手たちの様子がおかしいのは明らかだった。
 全員がほぼ例外なく重い足取りで、腰を引いて背中を丸め気味になり、行進とは程遠いすり足で入場してゆく。視線も俯き、頬は紅く、息も荒い。
 中には遠目にも明らかになるほどにまで足の付け根部分を気にしたり、押さえこんでしまっている少女の姿もあった。
 大勢の観客達の視線の中、体操服の前をぎゅっと引っ張り下ろして、もじもじと腰を揺するのは、緊張による恥ずかしさだけでは勿論ない。
 この準決勝に参加している選手たちはほぼ全員が、強い尿意に苦しんでいたのである。
 のろのろと入場を終えた両チームが、第一競技の時の倍ほどの時間をかけて、ようやくグラウンド中央に設置されたマーカーを挟み綱引きのロープの脇に整列する。
 ただでさえ進行の遅れている運営委員は、不用意に時間を取らず、素早く行動するように何度も指示をするが、少女達にしてみれば無茶な注文だった。急激な動作はそれだけで、足の付け根の水風船を圧迫してしまうのだ。せめて下腹部に余計な刺激を与えないようにゆっくりと動くしかない。
 ともかくも、運営委員の指示により、これまでの試合を勝ち抜いてきた両チームは、綱引きのロープを挟んで対峙する。
 アナウンスが開始の合図を告げ、審判役を務める運営委員が、
『位置について』
 とロープを持つよう指示をだした。
 だが、ここでも両チームの少女たちは、お互いの顔を見合わせるように躊躇い、戸惑いを見せて動こうとしない。
 最初は聞こえなかったのかと首をひねる運営委員。しかし何度か繰り返しても、少女達はためらいの表情のままもじもじとうつむくばかりで、一向に用意を始めようとしない。
 運営委員たちはすっかり焦り、プログラムの進行が大幅に遅れていることを口にして、再度彼女たちに早く用意するように指示を飛ばす。
『早く位置につきなさい!!』
 これ以上時間をかけるようなら、戦意喪失による不戦敗としてしまうとする、強い語調だった。
 だが、それでもなお選手たちの動きは鈍い。
 それも当り前のことだ。グループB、グループF、それぞれのチームの少女達は、ほぼ全員、少なくとも昼休憩の前からトイレに行くことができていない。
 程度の差こそあれども、全員がいまなお、恥ずかしいオシッコ我慢の最中なのだ。できれば余計なことはせず、じっとして尿意をやり過ごしたいのが本音なのであった。


 綱引きの競技開始前にとる、『位置について』の姿勢は、ロープを握り、その場に腰を下ろすものだ。
 つまり、手で必死に握り締めている股間の押さえをなくし、和式便器にしゃがみこむのと同じ、『オシッコをするための』ポーズに非常に近いものなのである。
 今そんな格好をしてしまったら、股間の根元、懸命に塞ぎとめている乙女のダムの排水孔に凄まじい負担をかけてしまうのは、選手の少女達の全員にとって明白であった。
 せめて体育座りであれば、脚を閉じ合わせたり膝を擦り合わせたり、最悪、直接手で体操服の股間をぎゅうっと押さえこむこともできるだろう。事実入場行進の前には、そうやってオシッコを我慢している選手たちが何人もいた。
 だが――いつまでも戸惑っている訳にもいかなかった。観客席からは応援の声が飛び、吹奏楽団の演奏も始まる。
 強く叫ぶ審判の声に背中を押されるように、少女達はゆっくりと、その場に腰を下ろしはじめる。
「んぁっ……!!」
「は……ぅっ……」
「ぁあっ……」
 身じろぎと共に悩ましげな吐息をこぼし、少女達はまだあどけない顔を苦悶に歪ませた。
 その場に腰を下ろす――たったそれだけの動作にも、慎重に慎重を期さねばならないのだ。
 およそ1分近くもかけて、羞恥に頬を赤く染めながら、綱引きのロープを手に、両チームは向かい合うように腰を下ろした。1チーム18人、両チーム合わせて36人の少女達が、ロープに沿うようにグラウンドの上にしゃがみこむ。
 それはさながら、少女達が2列になって順序よく並び、強制的に競技場の真ん中で『オシッコ』のポーズを取らされているのに等しかった。
「ぁあ、いやぁあ……っ」
「っ……だめ、でちゃう……っ」
 限界寸前の尿意を堪えている少女達にとって、これほど苦しくも辛い拷問があるだろうか。
 綱引きのためにしっかりと足場を固めるには、どうしても足を閉じているわけにはいかず、肩幅に開いた脚と膝の奥に、体操服の股間を無防備にさらしてしまう。
 しかも、下腹部の水圧に耐えつづけている乙女のダムの水門が、身体にぴったりと沿うスパッツの上からでもひくひくと震えているのが相手チームの選手から丸見えなのだ。
 オシッコ我慢のためには一番イケナイ体勢を強いられて、選手の中には激しく腰を揺すりはじめたり、立てた運動靴のかかとにスパッツの股間を押し付けて、ぐりぐりと体重をかけて身体をねじる少女までいる始末だった。
『用意!!』
 放送が次の指示を出す。もはや後戻りはできなかった。
 いまからトイレに行きたいと叫んでも、そもそも間に合うのかどうかも分からないのだ。少女達は悲壮な決意でロープを手に取った。押さえこめない股間の代わりに、せめてきつくロープを握り締める。
『スタート!!』
 合図とともに号砲が鳴り響く。
 準決勝第一試合――開始。
 両チームは一斉に腰を上げ、力を合わせてロープを引き始める。
 だが。
 両手を股間から離し、ロープを握った直後から、無防備になった少女達の足の付け根には、猛烈な勢いで尿意の波が押し寄せてくる。覚悟していたよりもはるかに凄まじい水圧が一気に水門を直撃し、少女達の中にはさっそく股間の股布部分にしゅるしゅると熱い雫を噴きこぼし、恥ずかしい染みを広げはじめる者がでてしまう。
 だが、綱引きの競技中は、手を離すどころかぴったりと太腿を擦り寄せることも、足を交差させることも、前屈みになって下腹部の負担を和らげることも許されない。
 ロープを引っ張るにはどうしても足場に力を入れて踏みしめる必要があり、その時に水門を締め付ける括約筋はどうしても緩んでしまう。さらには握り締めたロープは両チームの間で力の均衡の間で小刻みに揺れ動きながら行き来し、予測不可能なタイミングで少女の身体を引きずり、あるいは押し戻す。
 中腰、つま先立ちのおぼつかない脚元で、身体を大きく前後に揺すられて。たちまち少女達の脚の付け根にはじゅわっ、しゅるしゅると恥ずかしい音を立て始め、下着に熱い雫をたっぷりと噴き付けてしまうものが続出した。
 特にグループBチームの先頭にいた久瀬圭乃は、『おチビリ』だけでは済まず、スパッツの脚の付け根をはっきりと色濃く変えるほどの大きな染みを広げてしまった。
 たまらないのはそのすぐ向かい、桃色のハチマキ、グループFの先頭にいた桧葉朱音である。
 手の届きそうなほどの目の前で、圭乃が股間にしゅるしゅると恥ずかしい熱湯を噴出させるのを見て、朱音も明らかに動揺してしまった。できるだけ気にすまいと思っていた尿意が一気に現実のものとなり、ぶじゅっ、と派手な音を響かせて温かい水流を吹き上げる股間に、朱音はたまらず片方の手を離し、股間を押さえこんだ。
 ここまでトーナメントを勝ち残り、ほぼ互角の勝負をしていた両チームだ。このわずかな差が大きな影響を及ぼすのは当然だった。
 拮抗していた両チームの力の均衡は瞬く間に破れ、マーカーは大きく圭乃達のチームへ動く。
 朱音達のチームは1m近くも地面を引きずられ、前に滑る。ロープをしっかり握りしめていたため、つんのめる様にバランスを崩すもの、踏ん張った脚を引きずられるもの。選手たちはもはや硬く張りつめぱんぱんに膨らんだ下腹部をかばうこともできず、少女達は小さく悲鳴をあげてしまう。
 圧迫された下腹部では羞恥の水風船がぎゅうっと押しつぶされ、出口を貫いた水流がスパッツに広がる染みを勢いよく広げ、ついにはぽたぽたと地面に水滴まで垂れ落ちてゆく。グラウンドに広がった染みはみるみる大きくなり、スパッツの裾からちょろちょろと恥ずかしい音を立ててしまう少女もいた。
 そんな有様でまともにロープを握れるはずがない。片手で、あるいはすでに勝負を放棄して脚の付け根に両手を差し込み、懸命に最後の崩壊だけは避けようとする。いったん総崩れとなったグループFチームは体勢を立て直すことなどできず、ロープのマーカーはそのままグループBのほうへと引きずり込まれた。
 さっと空に向けて赤い旗があがる。
「Bチームの勝利です」
 勝負がついたのだ。
 しかしそれを喜ぶ余裕などなく、猛烈な尿意に身をよじる少女達に向けて――無常なる声が飛ぶ。
「それでは、2本目――」
 そう。この綱引きは3本勝負。2本先取の勝ち抜けである。
 もう一度、あるいは、勝敗いかんではその上さらにもう一度。
 少女達は、グラウンドの中央で、ロープを握りしめ地面の上にしゃがみ込んで、オシッコをチビらせ股間を濡らすその姿を、観客達に見せつけなければならないのだ。



 (初出:書き下ろし)
[ 2012/04/15 00:30 ] 小説 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。