FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

dans la prairie 02 

※浅学ゆえ非常に恥ずかしいスペルミスをしておりましたので訂正します。
 ご指摘ありがとうございました。




「ぁう……っ、は……っ」
 灰色の空の下、しんしんと雪の降り積もる道に、ぎゅ、ぎゅっと雪を踏み締める小さな音が響く。もこもこの白いコートのフードからは覗く頬は赤く、額には切り揃えられた髪が汗で張り付いていた。
 ピンクの長靴と大きな傘。おぼつかない足取りで膝まである雪を掻き分けるように進む少女の背中では、通学鞄の中身がカタカタと揺れている。息は既に荒く、噛み締めた口元からこぼれる息は真っ白だ。
 両親が仕事の都合で海外に行かなければならなくなり、理佳は生まれ育った都心のベッドタウンから、祖母の家のある山奥の田舎町に引越して来たばかりだ。父親の故郷でもあるこの小さな山間の町での暮らしは、生粋の都会っ子の理佳には経験したことのないことばかりだった。
 膝まで埋まるような深い積雪もその一つ。都会ではうっすらと地面が白くなるだけで大騒ぎだったが、ここでは春まで雪が溶けないのは当たり前のことなのだ。
「んっ……」
 チェーンを巻いたトラックが行き来する道路では、定期的に除雪が行われているものの――それでも数時間もしないうちに、足の甲が埋まってしまうほどの雪が積もることはしばしばだ。
 深い雪に足を取られそうになり、理佳は慌てて転びそうになる脚を踏ん張る。傘の柄をきつく握りしめ、冷たくかじかむ手袋の指を擦り合わせる。自分の背よりも高い雪の壁なんて、生まれて以来スキーにも一度も行ったことのない理佳には、信じられない光景だった。
 いまだ雪道に慣れない都会っ子の足では、片道20分の通学路もゆうに1時間以上もかかる遠い道のりとなる。
 理佳の下腹部、女の子の小さな水風船を満杯にしてしまうのには十分な時間だった。
「んぅ……っっ」
 信号待ちの時間にもひゅううと吹き付ける冷たい風に、理佳は思わず立ち止まり、ぶるぶると背中を震わせる。その間にも北国の吹き付ける冷たい風は、防寒着をあっさり通り抜けて、少女の腰を冷やしてゆくのだ。
 理佳はきつく足を閉じ、その場で腰をくねくねと揺する。行進みたいなその場足踏みに、いくつも長靴の足跡が雪の上に踏み締められてゆく。
(お……トイレ……っ)
 出発ぎりぎりまでストーブに当たって温まっても、ホッカイロをいくつ貰っても、小さな理佳の身体は、北風のひと吹きであっというまに冷えてしまう。
 できるだけお茶もお水も飲まないように水分を控えても、寒さの厳しい雪国の田舎では、理佳の口にした水分はほとんど汗にならず、残らずおしっこになって少女の腰上のダムに注ぎ込まれていくのだ。
 足元の雪と吹き付ける風、容赦なく吹きつける冷気のダブルパンチが、理佳の下腹部でぱんぱんに膨らんだ水風船をきつく鷲掴みにする。
「んっ、はぁ、ふぅ、……っ」
 深い雪を掻き分け、転ばないようにして歩くには、どうしても一歩ごとに足を大きく上げねばならない。けれどそうやって踏み出すたび、硬く張りつめた下腹部が圧迫され、水風船の出口がじわっと開きそうになるのだ。
 それを堪えようとするものだから、理佳の足跡はますます乱れ、あっちにふらふら、こっちにふらふらと左右に蛇行し、ますます歩みを遅くする原因になるのだった。
(……だ、だめ……!! おしっこ……、でちゃう……!!)
 限界までの秒読みを刻む少女の頬が震え、硬く結ばれた唇から白い息は溢れる。大きな傘を両手で持たねばならないため、下腹部をさすって、ぱんぱんに膨らむ水風船を満足になだめてやるだけでも、いちいち立ち止まってしなければいけなかった。
 数歩を進んでは立ち止まり、前屈みになって突き出した腰を揺すり、防寒着のズボンの太腿を擦り合わせ、手袋がぎゅうっとお股を押さえ込む。
 湧き上がる猛烈な尿意、緩みそうになるおしっこの出口。はやく、はやくと心が急かす。
 しかし脚を交差させ、腿を擦り合わせながらの歩みでは、いつまでたっても祖母の家は見えてこない。まだ覚えの曖昧な通学路、それも日毎に様相を変える雪道では、いま自分がどこにいるのかも分からなくなってしまう事もあった。
「っ、や……だめ……っ」
 笠ね穿いたタイツとズボン、防寒着。分厚い着衣の奥で、じわりと危険な湿り気が股間の付け根に広がってゆく。
 切羽詰まった尿意に、身体の方が勝手に根を上げ、我慢の残り時間のカウントダウンを刻み始める。帰途の終着点はまだ遠く、祖母の家の屋根すら見えていないというのに、少女の身体は早くもトイレの準備を始めていた。
「ぁ、あっあ、あぁあ、っ」
 じわ、じわと水門が緩み、温かな布地の奥に湿り気が広がる。少女の下腹部の水風船がひときわ大きく収縮し、ぱんぱんに詰まった中身を絞り出そうとする。
 しかし町の中でも山間に近い祖母の家の周りには、ただ延々と畑が広がっているばかりだ。コンビニや公園どころか、民家すらまばらにしか見当たらない。
 この山間の通学路では、見知らぬ家の玄関で、トイレを貸してほしいと申し出ることすら難しいのだ。
「っあ……!!」
 突然押し寄せた強い尿意の波に耐えかね、理佳はどうする事もできずに立ち止まり、びくっと身体を硬直させる。
 防寒着の上から、ありったけの力でぎゅうっと足の付け根を押さえこむが、それでも間に合わず、水風船の出口を押さえる力が緩んで、股間の先端部分から、じゅじゅっと熱い雫が噴き出してゆく。
「だ、だめぇえっ!!」
 もはやどうにもならないことを察した理佳は、悲鳴のように叫び、大きな傘を放り出して、通学路の道の脇――積みあげられた雪の傍へと走り込んだ。
 しゅるしゅる…しょしょしょ…恥ずかしい音を響かせる下半身をくねらせながら、懸命に防寒着のジッパーを下ろし、ズボンと下着をまとめて膝まで引っ張り下ろす。マイナスの樹恩の中、白い少女の下半身が外気にさらけ出される。
 それとほぼ同時。ほとんど中腰の状態のままで、理佳の股間から迸ったおしっこが地面を直撃した。

 ぶじゅうううぅうううっ!!

「ぁあぁ……っ」
 猛烈な勢いで迸る水流が、白い雪をたちまち黄色く染めてゆく。積もった雪がみるみる溶けだし、真冬の寒気のなかに、羞恥の熱水はもうもうと湯気を立ち上らせる。
 まるで、ここで理佳がオシッコをしていることを周りに知らせるための狼煙のようだ。
 もう高学年になったのに、道端でおしっこをするなんて、絶対にありえないことだった。うつむいた理佳の目元には、羞恥にじわりと涙が浮かぶ。
「っ…………」
 もともと、どちらかと言えばトイレの近い理佳だが、引っ越しに伴う生活環境の変化と、クラスでもいまいち馴染めていないことなどが心理的な負担となって、トイレの頻度はますます上がっている。
 酷い時には通学中の片道だけで2回や3回もこうしてしゃがみ込み、足もとに黄色い雪解け痕を残さなければならないほどだったのである。きちんとトイレまで我慢できないことが、思春期の少女の繊細な心をますます過敏にしてゆくばかりだった。
 まだ春も遠い、北国の1月末の雪の中。理佳の小さな足跡を残す通学路には、いくつもの黄色い雪解け痕が続く。



 (初出:書き下ろし)
[ 2013/03/31 23:09 ] 小説 | トラックバック(-) | コメント(-)

dans la prairie 01 

※浅学ゆえ非常に恥ずかしいスペルミスをしておりましたので訂正します。
 ご指摘ありがとうございました。




「じゃあ、ここで下りてね。……気をつけなさい」
「うん。ママ。……行ってきます」
 道路の片側に停車した車の助手席から歩道に下り、優里は運転席の母に手を振った。スーツ姿の母も口元を緩めて手を振り返す。
 窓が閉じるとすぐにウインカーを出して、白のセダンは走り去っていった。
 んしょ、と背中の通学鞄を直し、優里は歩き出す。
「えっと……こっち、だよね」
 急遽仕事の予定が入ったという母の車に乗せてもらって、いつもとは違う通学路での登校だ。なんだか少し妙な気分だった。
 近くのバス停を確認しながら、交差点の横断歩道を目指す。
 松の枝の張りだしたブロック塀のそばを通り過ぎたとき、優里は思わず足を止めてしまう。
「あ……」
 通学鞄をぎゅっと握りしめ、熱くなった頬を自覚する。
(そっか、ここだったんだ……)
 普段とは違う道順での登校で、気付かずにいたが、ここはちょうど、『あの場所』に出る道だったのだ。
 カーブミラーの付いた交差点のすぐ脇には、草が伸び放題の空き地が広がっていた。数年前に廃屋が取り壊されて以来、駐車場になることもなく放置された空き地――そこはいつも優里が『お花畑』にしている場所だった。
(……や、やだ……)
 つい一昨日も、あの空き地の茂みの中でオシッコを済ませたのを思い出し、優里の顔は赤くなる。
 夕暮れの薄闇の中で、近くを自転車や車が通る中――通学鞄を背負ったまま、優里はあの茂みの奥にしゃがみこんで、たっぷりとオシッコをしたのだった。
 それも、どうしても我慢ができなかったとか、そんな理由ではない。
「…………」
 優里の学校にだってトイレはあるし、家までは通学路をゆっくり歩いても20分くらいだ。いくらなんでも4年生の優里がたったそれだけの間、我慢できないなんてことがない。ここから少し遠回りして駅に出れば、昨年改装したばかりの綺麗な公衆トイレもあるし、コンビニや公園でトイレを済ませることだってできた。
 それなのに――
(ここで……オシッコ、しちゃったんだ……)
 茂みの近くに踏み入って、優里は自分の『お花畑』を見下ろした。なんの変哲もないアスファルトの一角は、妙に湿っているようにも思える。まさか一日経っても乾いてない訳がないので気のせいに違いないのだが、心なしか、茂みの雑草も元気がないように見えた。
 他に用事があった訳でも、家の鍵が開けられなかったわけでも、トイレが故障していたわけでもない。
 それどころか優里は、わざわざ学校にいる間からトイレを我慢していた。休み時間にもトイレにはいかず、お昼休みから午後の授業、帰りの会までオシッコをしたいのをわざと我慢し、さらに遠回りをしてこの空き地までオシッコをしに来たのだ。
(……制服も着たままだったし……名札も……)
 通行人が優里に気付いた様子はなかったが、もしかしたら誰かに見られてしまったかも知れない――そんな想像が優里の心をきゅうっと掴む。不安と同時に、ぞくぞくと背中が震えるような熱が高まるのを優里は感じていた。
 ここが優里専用の『お花畑』になったのは、今から2年と少し前のことだった。
 日曜日に遊びに出かけたまま、鍵を忘れて家に帰れなくなり、トイレを我慢できなくなってしまったのがそもそものきっかけ。その時の優里はまだ小さくて、他のトイレを使うことなんで思いつきもしなかった。
 2時間余りに及ぶ我慢の果て、なんどもおチビりをしてぱんつを湿らせてしまい、とうとう限界を迎えてしまった優里は、死ぬほど恥ずかしいのを我慢してこの空き地に駆け込み、脚の付け根から勢いよくオシッコを迸らせた。しかし下着を下ろすのが間に合わず、さらに拭くものも持っていなかった優里は、ぱんつどころかスカートまでびしょびしょに汚してしまうことになったのである。
 あとでママには怒られはしたが、その時の途方もない解放感と、噴射するオシッコが足元につくる大きな水たまり。それは鮮烈な体験となって優里の心に刻み込まれたのだった。
 二度目はそれから一月後。やはり学校でトイレに入ることができず、家まで我慢の出来なくなった時だ。このままじゃオモラシをしてしまうと思った優里は、この空き地のことを思い出したのだ。
(ここで一度、しちゃったことあるんだし、もう一回くらい……)
 経験がある分だけ、忌避感が薄れていたことも確かだろう。優里はもう一度空き地でオシッコを済ませることにした。今度はちゃんとティッシュを持っていたので、ちゃんと後始末もでき、ぱんつも汚さずに済んだ。
 その夜、優里はなぜだか胸がドキドキして眠れなかった。
(おトイレじゃないところで、オシッコしたのに……)
 イケナイことをした、という背徳感があったのは確かだ。でもその時、優里は本当に、もうオシッコが我慢できなかったんだろうか?
 何度もおチビりをしてしまい、しゃがむ余裕も下着を下ろす時間もなくなくオモラシを始めてしまった1回目とは違っていたはずだ。空き地から家までは、急げば10分もかからないような距離しかない。そんな間も我慢できないくらい、我慢は切羽詰まっていたんだろうか?
 考えるたび、優里の胸のドキドキは際限なく高まっていく。
 優里はいつのまにか、自分の新たな性癖を目覚めさせていた事に気付いていなかった。自分でも知らないうちにこの空き地を、オシッコのための場所として認識していたのである。
 それから、優里はなんどもこの空き地を使った。
 もちろん最初の頃は、どうしても我慢できなくなった時の非常用の場所のつもりだった。トイレが混んでいたり入れなかったりした時に、気付かれないようにこっそりオシッコのできる、自分だけの秘密の場所。そのつもりだったのだ。
(でも……)
 いつしか優里にとって、この空き地の価値は変わっていった。
 『トイレが使えない時にオシッコのできる場所』から、『トイレよりも優先してオシッコをするための場所』へ。いつしかこの空き地は優里の排泄場所として、トイレとの優先順位を逆にしていたのである。
 いまや優里は学校や家のトイレが空いていてもわざとを使わずにオシッコを我慢して、この空き地へとオシッコを済ませに来るようになってしまった。
(……わたし、女の子なのに……こんなところでばっかり……犬、みたい……)
 そんな自己嫌悪が後ろ暗い快感となって、まだ幼い優里の心を昂ぶらせる。
 もう、我慢できなくてどうしようもなかったのだとか、家のトイレが壊れていたのだとか、そんな言い訳はできない。身の回りに整備されたいくつものトイレを使わずに、優里はこの狭い空き地に、オシッコを済ませにくる。そのことがたまらなく恥ずかしい。
 けれど同時に、優里はそのことにどうしようもなく胸を高鳴らせてしまう自分を知っていた。
(……んっ)
 自分専用の『オシッコの場所』を目の前に、長いこと立っていたからだろうか。優里は羞恥と、どこかむず痒いような居心地の悪さに思わずもじもじと足を擦り合わせてしまう。普段は切り替えていたスイッチが、入ってはいけない場所でONになってしまったかのよう。
 下腹部にこぽこぽと恥ずかしい液体が湧き上がる感覚が、優里の脚の付け根を震わせる。
(……と、トイレ……したくなっちゃった……)
 真っ赤になった顔を俯かせ、優里は自分の身体に湧き起こる感覚を自覚し、そっと下腹部を撫でた。信じられないことに、ただの空き地のはずのそこを通り過ぎただけで、優里の身体は恥ずかしい尿意を催していたのだ。
 音を立てるように膨らんだ暖かい液体が、下腹部を満たしてゆく。
 いまや、優里にとってこの空き地は、『オシッコをしに来る場所』ですらなく、『来ると必ずオシッコがしたくなる場所』の地位にまで昇り詰めていたのである。
 はしたなく尿意を訴える身体を、優里は持て余しながらくねくねと腰を揺する。
 歩みが止まり、優里は空き地のほうをじっと見つめてしまう。
 オシッコがしたい。あの茂みの中にしゃがみ込んで、下着を下ろして、スカートをめくり上げて? このまま? 制服姿で? 登校中なのに?
 いくつもの躊躇いを振りきってなお強く、『お花畑』のイケナイ誘惑が、優里を誘う。
「ん……っ」
 一度は離れようとした優里だが、靴の裏はまるで地面に張り付いたように動かない。
 優里はぐっと奥歯を噛み締め――抱えた鞄をぎゅうっと強く握りしめて、空き地の中へと踏み入ってゆく。たくし上げられたスカートの下、そおっと下ろした下着の奥の、あらわになった幼いつくりの股間は、すでに強い水圧にひくひくと震えていた。
「ぁ……っ」
 鞄に伏せた真っ赤な顔は、湯気を吹きそうに火照っていた。
 しゃがみこんだ足元の、アスファルトの上にめがけて。たったいま、優里の身体の中で作られたばかりの新鮮なオシッコが、小さな水門を押し開けて勢いよく迸る。
 噴き出す水流は威勢の良い音を響かせながら、優里の『お花畑』に広がっていった。




 ――"dans la prairie"
 ピエール・オーギュスト・ルノワール、晩年の傑作。
 その絵画の和名は『草原で花を摘む少女たち』という。





 (初出:書き下ろし)
[ 2013/03/31 23:07 ] 小説 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。