FC2ブログ



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

受験と男子トイレの話 


(で、でるぅ、でちゃうっ……!! ぁ、あっあ、だめ、だえっ、でちゃふっ、で、っ、でちゃううぅ……!! お、オシッコ、オシッコでちゃう漏れちゃう漏れちゃうう!! っは、はやくっ、はぁあ、っ、はやくして、早くぅ、トイレぇえ……!!)
 だん、だんと力強く踏みしだかれる足踏み。ふぅー、ふぅーっと荒い息を吐き、真衣は赤くなった目を見開いて一向に進まない女子トイレ前の行列を凝視する。
 もし彼女の視線に力があるのなら、その威力でクラスメイト達の背中すら貫通してしまいそうな有様だ。目の前に並ぶ十人以上の生徒達が今すぐ気を変えて用を足すのを後回すにするか、順番を譲ってくれない限り、真衣は女子トイレの中にすら入ることができない。
 そしてそれでもなお、真衣が切望するオシッコのための場所、女子トイレの個室に辿り着くまでにはなお長い順番待ちの時間を耐え抜かねばならない。
 だが、客観的に見てそれが叶わないのは、もはや誰の目にも明らかであった。
(んんぅっ、で、でるっ、おしっこ、おひっこでちゃうっ、でるぅ、も、漏れ、漏れちゃうよぉおおっ!! はやく、はやく、はやくおトイレさせて、おしっこさせてっ、お、おと、っ、おトイレ、おトイレェええっ!!)
 大きく前屈みになり、背中を丸め、スカートの前をくしゃくしゃになるまで握り締め。目には涙を滲ませ、唇を噛み締め、顔は熱でも出ているかのように真っ赤。息は荒く、呻き声も喘ぎ声もおさまらない。一時も休まらない足踏みをし、きつく太腿を擦り合わせ、腰はみっともなく左右にクネる。
 人一倍羞恥心の強い年頃の、思春期の少女がするにはあまりにもはしたなくみっともない姿。そわそわと落ち着きない少女の目立つ順番待ちの行列の中でも、真衣の様子は一際目立つほどに異様であった。
 その理由が、今朝から我慢し続けているオシッコによる、猛烈な尿意であることは、疑いようがない。
「ぅうっ、ううぅうっ……」
(はやく、いいから早くしてよぉおっ、ああっ、ぅ、私、おしっこ、オシッコしたいんだからッ……お願い早くっ、はやく、んぁう、あ、ふ、っくうぅう、お、おしっこ、オシッコ、オシッコ行かせてよぉお!!)
 全身を持って『オシッコがしたいです』と主張し続ける真衣の前で、暢気そうに談笑する少女達の姿がある。ひとつ前の試験科目の答え合わせだろう。正答に一喜一憂する彼女達に、もはや憎しみとも言える視線を向けて、真衣は歯をきつく噛み締めた。
(なんで、なんで私、ばっかりっ、こんな……あ、朝から、トイレ、できてないのにっ、ああぅっ、そ、そんなっ、お喋りしてるひま、あったら、早くしてっ……!! さ、さき、トイレ行かせてよぉ……!! んぁ、ぅ、で、出ちゃうの、もう本当に、がっ、我慢っ、できないのっ……!!)
 女子トイレの行列に敵意すら剥き出しに、真衣は必死に両手に力を込める。閉じ合わせた太腿を強張らせ、同時に激しくすりすりと擦り合わせる。既にぐっしょりと湿った下着が手指に張り付く。ぷるぷると震える脚は、立っているのもやっとだ。
 それでもなお、断続的なおチビりが少女の手を熱く湿らせた。緩みかけるオシッコの出口をありったけの力で閉ざし、真衣は絶望的な戦いを続けていた。





 真衣の、周囲から浮いてしまうほどの切羽詰まった形相には勿論訳がある。
 大事な受験の朝、緊張で眠れず夜遅くまで机に向かってしまったこと。十分に余裕を取るはずだったのに寝過してしまった朝。眠気を吹き飛ばそうとして2杯も飲んでしまったブラックコーヒー。試験会場に向かう途中も、先日の雪で電車が遅れ、ほとんどドアが閉まる直前に駆け込んだ乗り継ぎ。
 気付けば朝から一度もトイレに言っている暇もなく、真衣の受験は始まったのだ。
 普段の数倍の生徒が押し掛けた受験会場では、当然のごとくトイレが不足していた。男女比率は半々だからと、安直に同じ数だけ振り分けた受験生用のトイレという会場側の浅慮が事態に拍車をかけた。
 男子と女子では一回のトイレにかかる時間が違う。一度に用を足せる人数も違う。真衣が到着した、試験三十分前には、会場の女子トイレには一階から三階までまんべんなく頭の痛くなりそうなほどの大行列ができていた。
 真衣は万全とは言い難いコンディションの中、昨夜から一度もオシッコを済ませられないままで人生の岐路とも言うべき受験に臨まねばならなかったのである。
 それでも1科目め、2科目めの試験には、さほど苦労はしなかった。ちょうど得意科目のだったという事情もある。それでも最後の予習に休み時間にトイレに立つことを諦めて臨んだ、2科目めの最後の30分は、座席の上でもじもじと激しく身をよじって耐えねばならないくらいの猛烈な我慢をせねばならなかった。
 試験監督に不審げに見られてしまい、顔を赤くしたのも1回や2回ではない。
 しかし、真衣の不幸はここから始まった。
 試験会場の外に出て、お昼ご飯をふいにしてまで空いているトイレを探し回ったのに、排水の故障やら、気分が悪くなって倒れてしまった受験生というトラブルに立て続けに出くわし、ついにトイレに辿り着けなかった昼休み。徒労の果ての最悪のコンディションで迎えた三科目めの試験時間では、細く空いたままになっていたドアから吹き込む隙間風に耐えかねて、ついに下着に恥ずかしいおチビりまでしてしまった。
 その直後の長い休み時間、これでおトイレ出来なければもう次の試験でオモラシ間違いなし、という決死の覚悟で臨んだ大混雑の女子トイレ。なんと長蛇の列があとひとりというところでトイレに入りそびれるという悪夢が真衣を襲った。
 つまり真衣はただひたすら不安定な姿勢で寒い廊下に並ばされただけという、最悪の結果となった。無理して列に並び続けたため、寒さと緊張でなお大量のオシッコが少女の下腹部に殺到した。猛烈な尿意は真衣の下腹をぱんぱんに張り詰めさせ、鈍い痛みすら生じさせている。それでもオモラシだけはと懸命に耐えつづけたものの、下着には立て続けに温かいオモラシの証を広げてしまったのだ。
 あとほんの少しのところでトイレに入りそびれ、忘我の体、覚束ない足取りで戻った試験会場、遅刻ギリギリではじまった4科目目の英語の試験。もうちょっとのところでちゃんとできるはずだったオシッコが、いよいよ凶悪な本性を容赦なく剥き出しにして真衣を苦しめた。脚の付け根を硬く握り締めたまま、回答欄を埋める事すらできずに極限の我慢を繰り広げ、中座しようにもリスニングの放送によってそれすら阻まれ、90分にも渡って延々と凄まじい尿意に攻め嬲られ、少女の排泄器官は、限界を越えて酷使され続けた。
 手のひらできつく押さえ込んだ下着の下で、恥ずかしい乙女の粘膜がなんども温かいおチビりを噴き出させ、小さな手のひらを湿らせる。崩壊寸前の水門は鉛筆の先が回答用紙のマークシートを擦る度に緩み、恥ずかしい水音が静謐な受験会場に響いた。
 乙女の恥ずかしい熱湯が噴き出し、緊張に硬く強張った女の子の入り口を熱い奔流が通り抜ける度、途方もなく甘美で心地よい解放感が背筋を貫く。
 わずかなおチビりすら天上の頂きへ突き上げられるほどの心地よさ。耐えに耐え続けたオシッコが漏れ出す衝撃は、真衣の頭を白く塗りつぶした。
 じんじんと疼き膨らむ膀胱は、熱く湿った砂がぎっしりと詰まって重く下半身にのしかかるかのよう。じゅ、じゅ、とはしたないオモラシを繰り返すたび、甘い疼きが股間を直撃する。黄色い刺激に耐えかねて、一体、何度机の陰でオシッコを始めてしまう誘惑に屈しそうになったことだろう。無限にも思えた試験時間の終了の頃には、座席の上で激しく身をよじってなお食い止め切れなかったオシッコで、スカートのお尻部分にまで色濃く大きな染みを広げていた。
 形振り構わずに試験管を呼びとめて、トイレに行かせてもらえば良かったという事に気付いた時には、すでに時計の針はは退出不能時間へと差し掛かっていたのである。
 そこからはまさに地獄の30分。何十回にも分けて、下着を押さえ込んだ両の手のひらの中に、恥ずかしいオシッコを繰り返し漏らし続けた。ほんの少し出す度に、出口を覚えたオシッコは膀胱の中で際限なく暴れ回る。
 ペンを握っている時間よりも、股間を握り締めている時間のほうが明らかに長かっただろう。
 度重なるおチビりで黄色く染まった下着の股布とは対照的に、三分の一も埋まっていない真っ白な回答用紙が回収されてゆく。試験の結果は見るも無残なものになっているだろうが――それよりもその瞬間に、真衣の意識はトイレへと飛んでいた。
 オシッコができる。もう我慢しなくていい。
 号令すら待たずに、真衣は試験会場を飛び出していた。





 そして15分。休み時間は残り10分を切った。最後の科目となる試験が迫る中、女子トイレの順番待ち行列はなお途切れる気配がない。
 その程中、異様な姿で足踏みをする真衣の内腿にはじわりじわりと水滴が伝い、それを見てぎょっとした女生徒が距離を取る。まだおチビりの段階でありながら、真衣の下半身は既にずぶ濡れの状態だった。
「ぁ、あっ、あ…!!」
 だんっ、だんっだんだんっ!! 力強く踏みしだくステップが激しく限界を訴える。
 じゅわ、じゅ、じゅうっ、押さえ込んだ指の間に滲む熱い湿り気がみるみる増してゆく。限界を越えたおんなのこの身体は、穴のあいたバケツのようなものだ。いくら懸命に耐えようとも、ありったけの力を注ぎこんで括約筋を締め付け、排泄孔の出口を閉ざそうとも。身体の奥深く、おなかの一番底に空いたオシッコの穴から、熱い雫がじわじわと漏れ出している。きつく押さえ込んでいたダムの中身は、ヒビだらけの水門を押し破りらんと激しく波打って暴れ回り、ひくつく出口は水圧に負けて恥ずかしい水流を噴き出させそうになる。
 ちりちりと焦げるような羞恥と、限界を訴えるの理性。わずかな気の緩みはそのまま下半身の緩みへと直結し、大事な乙女のバルブを解放せんとする。
 硬く押しあてた手のひらに、ぶじゅううっ、と一際激しい水流を感じ、真衣は悲鳴を上げた。
「駄目………ぇえッ!!」
 下着を突き破らんばかりの猛烈な水圧。すでに真っ黄色の下着には溢れたオシッコを吸収する余裕なんて残されていない。股布部分の保水力をこえたオシッコは手のひらにぶつかって飛び散り、真衣の手が受け止めきれない雫はぱちゃぱちゃと太腿を伝い溢れる。
 背中に突き出されてもじもじと揺すられるスカートのお尻に、さらに大きく染みが広がり――ピッタリと寄せ合わされた内腿から、ひと筋ふた筋と黄色い水流が溢れてゆく。
 これまでのものよりも大きなおチビりに、酷使された括約筋が一気に緩んだ。なんとか押さえ込んでいた乙女の水風船が一気に収縮する。たぷんと揺れたオシッコが猛烈な尿意の波を湧き起こし、出口を見つけたオシッコは真衣の下腹部の脚の付け根、一番脆い部分へと一点集中攻撃をかける。

 ぶじゅっ、じゅっ、じゅじゅじゅじゅううううっ!!

「んぁ、は、ぁ、ああああああ………っ!?」
 真衣は眼を見開いて、大きく背を反らした。下着とスカート越しとは思えない激しい失禁が床を打ち、上履きを濡らし紺のソックスを水浸しにしてゆく。きつく下着を握り締めた手のひらすら、その水圧で押し剥がさんばかりの、少女の猛烈な排泄欲求が立て続けに真衣を襲う。
 白い肌に爪を立てて握り締められる細い指の間から、ぴゅうっと黄色い水流が噴き出した。リノリウムの上に水たまりを広げ始めた真衣から、周囲の女生徒達がぎょっとして距離を取ってゆく。
 おチビりなどという言葉で片付けられない、もはやオモラシ同然の事態。しかし、真衣はなおも一層凄まじさを増す尿意に苦しんでいた。朝から懸命に我慢し続けたオシッコが、こんなもので済む筈もないのだ。
 ばちゃばちゃと湯気を立たせるほどの水流を足元に迸らせてなお、真衣の苦しむオシッコの大半は、まだ下腹部のダムをずっしりと占領しているのである。
 しかし一度破られた水門はもうどうしようもない。いくら気力を振り絞っても排泄孔はじんじんと痺れ麻痺したように熱く疼き、緩む一方となっていた。じゅ、じゅじゅじゅう、ぶじゅっ、とはしたない水音を繰り返させながら、真衣はその場に爪先立ちになって口を丸く開き、あ、あ、と言葉にならない呻きを繰り返す。
(だ、だめ、出る、……が、我慢、でき、なっ、あ、ぁああ、ああああっ!?)
 またも激しい水流が、びちゃびちゃと脚元に飛び散る。腰がガクガクと震え、体重を支えている事もできなくなった膝がかくんと折れ曲がりそうになる。女の子が限界を迎えた時、自動的に取るそのポーズは、地面に向けてしゃがみ込む、和式便器に腰を下ろすのと同じ『オシッコのための格好』である。
 真衣の身体は本能的に排泄の欲求を受け入れようとしているのだ。このまま腰を落としてしまえば、身体の中のオシッコは残らず地面にぶち撒けられてしまうだろう。たとえ我慢したとしてももう時間の問題。オモラシが1分先になるか5分先になるかの差でしかない。
 もはや、躊躇の時ではなかった。
「…………~~~ッッ!!!」
 真衣はぎゅっと目をつぶり、弾かれたようにその場を駆けだした。ずぶ濡れの下半身を引きずり、オモラシの雫を散らしながら、女子トイレに並ぶ行列から外へと飛び出す。
 他の階のトイレ? そんな余裕はない。ここがこんなに混雑しているのだ。今更場所を変えたところで一から行列に並び直しだ。会場の外のトイレ? そんなところまで間に合う訳がない。廊下の外の茂み? 恥もプライドもかなぐり捨てて向かうには、もう遅過ぎる。
 もっと近くに、トイレは――オシッコのできる場所はあった。
 真衣が突撃したのは行列のすぐ隣。がらがらの男子トイレである。
「っ、あ、っあ」
 薄青のタイルとペンキで塗装された女子禁制の聖域に、突如踏み込んできた限界寸前の女子生徒。試験前のひと息をついていた、制服姿の男子達が、一斉にぎょっとした表情で真衣を振り返る。
 制服のスカートをずぶ濡れにし、恥じらいもなくぎゅうぎゅうと股間を押さえ込み、じゅじゅ、とおチビりの音をさせながらなお必死に腰を揺すり続ける少女の登場は、男子達にとってはあまりにも突然の出来事だったのだ。
 ただでさえお互いのことを強く意識し合う思春期の年代だだ。漏れそうなオシッコを必死に食い止めながら男子トイレに突撃してくる女生徒など、滅多に見られるものではない。
「と、トイレ、トイレ、ッ、使わせてっ!! も、もう、我慢、我慢できないのぉっ!!」
 それがあろうことか、限界を訴えて叫ぶのだ。男子達の視線をくぎ付けにするのは仕方ないのないことだろう。本来はこの場に入る事すら許されないはずの真衣は、彼等の返事を待つこともせず、一直線に個室へと向かう。
 男子トイレであっても、個室の作りは違わない。だったらそこでオシッコできる!! ――幼稚園より小さな頃、父親に連れられて入ったデパートの紳士用トイレの構造を思い描き、真衣がとった起死回生の一手であった。
 ――が、しかし。
 それらのドアは見事に全部閉ざされていた。真衣の視界に、女子トイレよりも随分数の少ない個室が、すべて鍵には赤い「使用中」の徴を並べている光景が移る。
 男子トイレとて、個室の使用頻度は高いのだ。ました冬の試験会場だ。おなかの調子を崩す生徒は少なくないし、何よりも――女子に比べて、いざ使うとなれば個室の利用時間は長くなるのである。
 男子トイレの中で、個室が空くのを待っている男子生徒は、4、5人と短いながらの列を作っていたのだ。
 真衣が予想すらしていなかった、ありえない事態であった。
「んぁああっ……」
 絶望に挫かれ損ねた真衣のスカートの中で、ぶじゅぶじゅっじゅじゅじゅっともはやおチビりなどという生易しい単語では済まさせない派手な漏水音が弾ける。下着を吹き飛ばしてしまいそうな豪快な水流が、少女の足元に激しく黄色い飛沫を噴射させる。
 目の前でオモラシを始めた少女に、男子生徒達がどよめきを上げた。
「んぅ、ぅあ、くぅぅうあああう……」
 歯を食いしばり、真衣は個室にふらふらと歩み寄る。ぶしゅっ、となお下着を激しく濡らすのにも構わずに、小さな拳でドアを叩く。オシッコに汚れた手が、男子トイレの個室を激しく打ち鳴らした。
「な、っ、なんで、なんで空いて無いのっ!? は、はやく、はやくしてっ!! ねえっ、……んぁあっ、入れてよ!! お、おしっこ、おしっこが、でちゃう…でちゃうの、おしっこでちゃうのお!!! も、漏れちゃうの、っ、ねえ、お願い入れてっ、んぁあ……オシッコ、おしっこっ、おしっこさせてよおぉ!!」
 空しく響くノックの音。その間にも真衣の太腿をじょば、じょばっ、と下着の股布を突き抜けんばかりの激しいオシッコの噴出が繰り返される。これまで両手で押さえていたところを、片手で押さえ込める筈がないのだ。少女の下腹部に圧縮された水圧のまま、オシッコの噴出は止まらない。
「んぁぁあ……っ、でるっ、でるうぅ、だめっ、だめだめ、出ちゃうっ、おしっこでるのっ、でるぅう!!! おトイレ、トイレ、トイレ入れてぇえ!!!」
 いやいやをするように激しく首を振り、髪を振り乱し、だんだんだんとタイルの上を踏み鳴らす。声を枯らして叫ぶ真衣の姿に、男子生徒達は声もない。呆然と立ち尽くす者、顔を逸らそうとしながらも、ちらちらと視線を向ける者、目を離せずにじっと見つめている者。視線のほとんどは、真衣の下半身――オシッコを漏らし続ける少女の官能的なスカートと、その奥に秘められた神秘の部位へと向けられている。
 真衣はそれに気付いて、悲鳴を上げた。
「いやぁ、いや、っ、いやあ、!! 見ないで、見ないでよおっ!!」
 だが、本来この場において異質なのは真衣のほうなのだ。女子禁制のところに許可なく踏み込んできたのも、ガマンできずオモラシを始めたのも、すべて真衣のほうである。男子達に責められるいわれはない。
 少女が、誰にも秘密の個室の中でこっそりと済ませなければならない、女の子のオシッコが――衆目の、しかも異性ばかりの場所で、今まさに繰り広げられているのである。気にするなという方が無茶というものだろう。
 しかし、同年代の男子達の生々しい欲望に満ちた視線にさらされ、真衣の心はもはやずたずたに引き裂かれんばかりだ。人前でのオモラシなんてそれだけでも死んでしまいたくなるほどのことなのに、あろうことか男子トイレの中、しかも同年代の男子達の無数の視線に囲まれて、である。男子達の中には明らかに股間を膨らませている者までおり、これはもう精神的凌辱と言い換えても差し支えない。
「ぁ、あっあ、あぁ……」
 真衣の肩がぷるぷると震える。これまで何度も絶望を耐えてきた少女の心が、いよいよ折れようとしていた。もはや下半身は隠しようもないオモラシでずぶ濡れ、なお激しくオシッコが噴き出し、床に飛び散る。
 男子トイレの中は騒然となっていた。あまりの騒ぎに、用を終えて出て行こうとした生徒達は何事かとトイレの中まで戻り、騒ぎを聞き付けた男子生徒達が、用もないのにトイレの入り口に詰めかける始末。いつしか、男子トイレの中には真衣を取り囲むように男子生徒達の人垣ができ上がっていた。
 生徒の密集するトイレの出入口の混雑は並大抵ではない。真衣は外に出る事すら叶わなくなっていた。いや、もしそうしようとしたところで、人混みを押しのけて外まで歩いていく余裕など、もう真衣には無かったに違いない。
 進むことも戻ることもできず、絶望のただ中に放り込まれ――真衣が最後に縋りついたのは、壁際に並ぶ最終最後の手段であった。
 個室の反対側、男子トイレの壁に並ぶ、小用便器。朝顔と呼ばれる男性用の小便器は、横から見ればL字型を描いて、哀れな少女を迎え入れる。
 その行為は、ほとんど自暴自棄であったに違いない。あるいは、せめて、少なくとも、床の上やドアの前ではなく――きちんと、オシッコをすべき場所を選ぼうとした、本能にも似た少女の羞恥心が、荒れ狂う排泄欲求に最後の抵抗を見せたのかもしれない。
「んぁああああっ!!!」
 真衣は、男子専用のオシッコの場所へと、一直線に走り寄ったのだ。
 淫蕩な喘ぎ声に白い喉を震わせながら、おヘソが見えてしまうくらい大胆にスカートをまくり上げ、同時に、乙女の最も大切な場所――脚の付け根を覆う慎ましやかな下着の股布を思い切り掴む。本来は白く飾り気のない、ワンポイントだけの子供っぽい白い下着は、度重なるおチビりによる被害と、長時間の我慢でオシッコを擦っては生乾きを繰り返したせいで、見るも無残なほどに黄色く染まっていた。
 真衣は股間を覆う布地を引っぺがし、引きちぎらんばかりに真横に引っ張る。たっぷりと湿っていた股布が引き絞られ、ぼたぼたと新鮮な、漏らしたてのオシッコを床に散らす。 そうして、てっぺんにほんの少し、産毛を生え揃わせた白い恥丘――ちびり続けたオシッコに濡れ、ひくひくと健気に震える乙女の大事な場所が露わになる。
 動作はまさに一瞬。長年練習を繰り返していたかのように、真衣は見事な手際で、「おとこのこおトイレ」でのオシッコの準備を整える。
「いやぁあ……っ」
 絞り出される叫びは、しかし否定のそれではない。こんな有様でなお、少女の身体は、この上なく排泄への歓びに打ち震えていた。
 壁に備え付けられた便器とはいえ、小便器の並ぶ壁には衝立などなく、無造作に白い陶製の容器が口を開けているだけである。真衣の細い体と朝顔では少女の痴態を隠すことはできなかった。特に真横からでなら、真衣の露わになった下半身をはっきりと覗き込む事が出来た。
 なだらかに盛り上がる下腹部は、真衣がなおため込んでいる猛烈な尿意の源泉である。これだけおチビりを繰り返してなお、少女の細い体を歪めてしまう膨大な量のオシッコ――一体どれほど我慢を続けていたのか、その総量すら想像もつかないほどの恥ずかしい乙女の熱湯である。
 下腹部を押し上げるほどの水圧に押され、うっすらと開いた淡いピンク色の隙間がぷくりと膨らむ。濡れ光る柔らかな孔がヒクつき、へっぴり腰のお尻が下品極まりなくかくかくと揺れる。みっともないその姿は、真衣がもう本当の本当に我慢の限界であることを如実に訴えていた。
 真衣は不安定な身体を支えるように朝顔の上部、洗浄ボタンのある排水管に手を回した。オシッコがこぼれないようにするには、朝顔の下の端に腰を押し付けるようにしなければならない。しかし使い慣れない男子用小便器での排泄に、思い切って腰を前に突き出す事もできず、真衣は引け気味の腰を少しで持ちあげようと爪先立ちになる。
 ふらつく身体は、猛烈な尿意に己の身体すら自由にならない少女のもどかしさを感じさせた。
「あ、あぁあ、あっ」
 乙女の股間、細いすじの奥。綺麗な粘膜が震えて忙しなくヒク付く。同時にお尻がくいっと引き締まり――捲り上げられたスカートの奥で、慎ましやかなお尻の孔が、ぷくっと膨らんで盛り上がる。
 それがまさに、放水のカウントダウンが零になる瞬間だった。

 ぶじゅぅじゅじゅじゅじゅううっ、じゅごごごごごごごぉおおーーーーーっ!!

 耐えに耐え続けた水圧が、一気に少女の秘密の門を押し破る。待ちかねた、待望の、切望したオシッコの瞬間なのだ。女の子の放水孔が一気に全開に押し広げられ、狭い乙女の粘膜に潰されて太く広がる水流が、小便器の中の排水口を打ち据えた。
 濡れてヒク付く乙女の秘所で、野太い水流はまさにダムを打ち砕き迸る鉄砲水のよう。ぶじゅぶじゅと跳ねかえり猛烈な飛沫を散らし、水撒きのホースを潰したような派手な音が、男子トイレの中いっぱいに響き渡った。
「み、見ないでぇっ、見ないでええっ!!」
 耳まで赤くし、目をつぶり、真衣は必死に叫ぶ。きつくつぶった目元に涙が滲み、頬が上気し、腰がガクガクと震える。しかしやめてと叫ぶ少女とは対照的に、下半身はまるで見せつけるかのように、激しく情熱的な、豪快なオシッコの迸りを小便器へと叩き付ける。
 己の下半身がまるで別物のように勝手に動き、『豪尿』とも呼ぶべき、いっそ爽快なほどの男子用小便器を使い尽くした立ちションベンを披露する。そしてそれに伴う鮮烈な解放感――苦痛でしかなかった尿意から解き放たれた女の悦びが、背筋を激しく震わせるのだ。少女にはあるまじき排泄姿をさらしながら、真衣はただただ、肩を震わせ羞恥に耐えながら、やめてと叫ぶしかなかった。
「ぁ、あっあ……」
 排泄の解放感が少女を震わせる。
 少女の身体は責め苛む尿意から解放してくれる小便器を、まるで愛しい恋人のように寄り添い、大胆に腰を押し付けているかのよう。
 何より、飛沫を派手に散らして迸る猛烈な水流は、むしろ真衣の立ち小便を見せ付けんばかりの大迫力だ。男子の間ではちょっとした“男の尊厳”ともなる、オシッコの勢い――これまで思春期の彼等が内心比べ合っていた放水の勢いなど、全て児戯とせせら笑うかのような、あまりにも強烈な光景。なにしろ、放出の瞬間に小便器の中にあった消臭剤である緑色の薬剤の玉を、大きく跳ね飛ばし、便器の外へと弾くほどの勢いだ。それがどれほどのものかは推して知るべしである。
 彼等の頭の中では、女の子というのはもっと慎ましやかで恥じらい深く、おとなしいものである。まして、女の子のトイレなどというものは、ちょろちょろと細い水流をほんの少しの時間こぼすくらいのものであるべきだった。
 女の子がトイレの個室のなかで、誰にも秘密にしているはずのオシッコの姿――それを見せつけているに等しい。
「ぁ、あぁああ……っ」
 がくがくと揺れる爪先。引けてしまった腰から水流が蛇のようにうねり、的を外して逸れたオシッコが朝顔の下のタイルを激しく叩く。意図しない『粗相』に、真衣は喉を引きつらせながら、なお激しく小便器を抱きかかえるように、腰を前に突き出すしかない。
 距離の近づいた女の子の排泄孔と、白い朝顔の中の排水口は、野太い水流により繋がってじゅごおおおおおおーーーーッとさらに凄まじい排泄音を響かせる。
 それでもなお、噴き出す水流の幾筋かは、的を外して朝顔の外へと噴き付けられる。当然のことだ。もともと、男子用の小便器は女の子がオシッコを済ませるようになどできていない。男の子であれば幼稚園でもしないような、『便器の外へのおこぼし』――ありえないお粗相を、大々的に披露してしまい、真衣の心はさらに激しく削り取られる。
「うわ……すっげええ……」
「女って、あんなふうにションベンするんだ……」
「……やべ、勃ってきた……」
 下卑た欲望を隠す事もない、男達の視線の最中。
 真衣はもはや生きた心地もない。この上なお、少女のオシッコは終わる気配を見せない。それどころかますます勢いを増すありさまだ。
 朝顔の中に残っていた小さな消臭剤の玉が、真衣の噴射させる凄まじい水流の直撃をうけ、よって見る見る溶かされ、叩き付けられる水流に飲み込まれて、排水口の奥へと消えてゆく。
 それでもなお、じゅごぉおーーーーーっと響くオシッコの音は止まらない。オシッコの出口、女子の蛇口が壊れてしまったかのように、終わりが見えなかった。
 永遠に続くかのごとく地獄の恥辱。男子生徒達が携帯を取り出し、シャッターをきらめかせる中――真衣は小便器に向かって、オシッコを噴き出させ続けた。




 (初出:書き下ろし)
[ 2013/01/20 19:22 ] 小説 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。